新商品! ビローテープ

新商品 ビローテープ

この度弊社では新商品のビローテープの発売を開始いたしました!
(こちらの商品は、長さや幅などお客様のご要望に合わせて作成するため別注品となります)
 
ビローテープとはテープの途中に蛇腹部分があるのが特徴のテープです。
どのような用途に使われるかといいますと、使用している前例が少なく、まだ用途がはっきりと決まっていません・・・
 
ビローテープはプリントや柄の織テープ、ジャガードなどとも違い物理的に立体感を出しておりデザイン的にも面白いと思いますし、耐久性も優れております(テープの幅によっては耐荷重数百キロにも)

 

考えられる使用例

・トートバッグなどの持ち手
・パスケースやキーケースの紐
・カメラのストラップ等々・・・

 

今までのテープに無いようなデザインになっておりますのでアパレルでの用途でも真新しさがあり活用できると思いますし、収縮するという特性を生かしてチェーンなどの代用としても使うことができるのではないかと考えています。

 
このテープの蛇腹(収縮部分)は長さを好きに決めて作成することが可能です。
例えば5cmの蛇腹を10cm間隔で挿入したテープ、丸々一本蛇腹のみで構成したテープなども作ることができます。またこの蛇腹部分も伸長率が200%まで変更可能になっているので、さまざまなバリエーションのテープ作ることができます。
 
また染色することや、ラインを入れて作ることも可能となっておりますで、スポーツ系のアパレル商品や雑貨などにも使えるのではないかと考えております。学生が部活などで使うスポーツバッグのショルダー部分に使ってみたりするのもよいかもしれません。
またその伸縮する特性などを生かしてアウトドアのグッズやサポーターやコルセットなどの補助具などにも用いることができる(構想が練れていないので想像になってしまいますが)
 
いくら文字で説明をされても、実物を見なくてはどういったものなのか明確にわからないと思いますので、画像で見ていただきたいと思います。

 

 

こちらの画像は蛇腹の部分を5cmにしたビローテープになります。
見ていただくとわかるとおり、普通のテープ部分がありその中に蛇腹が組み込まれている構造です。伸縮があるというとまず初めにゴムが思い浮かぶと思いますが、ゴムは一定の間隔で連続して弾性糸が組み込まれておりそのもの全体が伸縮性をもっています。
 
しかしビローテープは蛇腹の部分だけに伸縮性を持っていますのでゴムとの差別化はされていると思います

 

引っ張ったときはこんな感じになります

 

こちらは細幅のすべてが蛇腹で作られたビローテープになります。
伸縮部分のみでできているので機能性を重視した製品などに活用できると思います!
 
今回は新商品のビローテープの紹介をいたしました。
ほかにも定番商品でテープ、紐、ゴムなど様々な商品の販売をしております。
弊社ホームページのサンプルギャラリーから商品をご覧になってください。
2021年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031